看護師としてやりがいをもって働くには知識と技術が必要です!

看護師として長く働いていくには、楽しく働いていくことが大切です。

 

しかし、看護師として楽しく働くということを周囲の方や環境に求めてはいませんか?

 

新人のころは看護師の責任の重さもあり、周囲の発現も厳しく、つらいことも多いと思いますが、看護師として一人前に働くには知識も技術も必要です。

 

また、これからの医療現場というのは、より診療科も細かくなり、看護師に求められている技術力も専門性が増しています。

 

ですから、看護師として楽しくこなしていくなら、個の看護力を高め、知識や技術力を上げていくことが必要なのです。

 

そのうえで、他の看護師と情報を共有し、切磋琢磨していける環境が楽しく感じられればいいですよね。

 

まずは、看護師として責任をもって働ける能力を身に着けていきましょう。

 

看護師として知っておきたい睡眠薬に関する知識

患者様が様々な原因で寝付けないということは、精神的なストレスも大きなものです。

 

しかし、高齢になった患者様というのは、睡眠に関するリズムも成人の方とは大きく変化している点に関して知っていますか?

 

高齢になるほど深く眠る時間が減少し、浅い眠りのノンレム睡眠の時間が増加する傾向にあるのです。

 

では高齢患者様に睡眠薬を処方する際、どういった中医が必要なのでしょうか?

 

肝臓や腎機能の低下がないか確認しましょう!

睡眠薬の薬剤というのは、肝臓で処理され、腎臓で尿として代謝されます。

 

高齢になると肝臓や腎機能が低下することにより、睡眠薬の効果が体内に残りやすくなるため、服用する前に合併症がないか確認することが重要です。

 

始めから成人と同じ量を処方しない

 

上記にもあるように、高齢患者様に関しては睡眠薬の効果が強く出すぎてしまうことがあるため、成人と同じ量をはじめから処方するのはやめましょう。

 

通常の成人容量より少ない量から処方していくのが大切です。

 

看護師として朝になっても眠気が持続していないか確認し、昼夜逆転傾向になっていないか睡眠薬の投与の場合は確認が必要です。

 

状態が落ち着き、睡眠薬から離脱するのを促すのも大切です。眠りやすくするには、日中に日光をたくさん浴びたほうがいいですし、決まった時間に眠る習慣を患者様に促すことも効果的です。

 

看護師の転職に関する良し悪しとは

看護師として様々な理由で転職を考えることは間違ってはいません。

 

しかし、ただ不満だけを抱えて転職をしても次の職場である程度志を持っていないと長続きはしないのは目に見えています。

 

看護師として転職を考える際は、どういった目的をもってどのような条件で仕事をしたいのか具体的に展望を持つことが重要です。

 

看護師求人サイトなら、看護師の事情に詳しい専任のコンサルタントがいますので、そういった方に今の事情を相談しアドバイスをもらうだけでも意義があると思います。

 

なかなか自分の意志だけでは行動に移すのは難しいものです。周囲の看護師の方に相談したり、看護師求人サイトを利用してより良い好条件の求人で楽しく仕事をこなしていきましょう!